現在人気の風俗求人はデリヘル!

デリヘルのメリット・デメリットを知る

風俗業界で働くと決めた場合、どんな職種で働くか?を必ず決定をしないといけません。デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、ヘルスサービス(ファッションヘルス)をデリバリーする業種になります。今の世の中では、デリヘルが今一番、お店が多いといえます。法律が変わったこともありデリヘルのような無店舗型の風俗を起業しやすくなったのも要因1つです。さて、そんなデリヘル、一見はよさそうですが、少し詳しく見ていくとデメリットもあることが理解できるかと思います。どのような業種で働くか?を悩んでいる風俗初心者(女性スタッフとして)の方向けに以下より、メリットとデメリットなどを記載していきたいと思います。何かの参考や職種を決める判断基準の1つになれば幸いです。

◆デリヘルのメリット
メリットはとにかく店舗数が多いということです。こちらのデリヘルスクエアのようにデリヘルの専門サイトがあるぐらいですし、そのなかでも人妻系とかギャル系やコスプレのお店など、お店を選ぶさいにも選択肢が多いですし、利用する客もデリヘルが多いのでお客さんを確保しやすい面があります。また、デリバリーする地域をNG設定することもできます。デリヘル嬢の地元への派遣をお願いされた場合は、やはり知人と出会ってしまう可能性というのを心配するため、これを回避することができます。さらに店舗型ようにお店を構えるわけではないので必要経費が少なくできる分、それを給与に還元できます。

◆デリヘルのデメリット
先に書いたような地域NGをして知人にあうリスクを低減することができますが、逆を言えば「会ってみるまでどんなお客さんなのか?が分からない」という点です。また、お店が多いから選択肢が多いのがメリットとも書きましたが、これも逆を言えば「当たり外れが多い」ということを意味し、ハズレを引いてしまったときは、とにかくお客さんが来てくれないという状況になります。したがって、稼ぐことができないということです。
さらに、デリヘルの一番のデメリットといっても過言ではないのが、いざとなったときに男性スタッフの助けがワンテンポ遅れてしまうということです。

◆ちなみに店舗型のメリット・デメリットは?
店舗型のメリットは、デリヘルのデメリットにあった「知人に会う可能性がある」「いざとなったときの対応」がメリットに変わります。必ずサービス前に知人チェックができたり、お店内でトラブルが起きればスタッフがすぐに助けにきてくれます。
デメリットは「移動ができない」ため地域性が出てしまい客層が固定されることです。要は、口を開けてまっているしかないということです。

 

デリヘルは時代の最先端をいく?自宅待機OKは非常に魅力的

今、IT系の仕事というのは不況といえども、何かしらのソフトなど作らなければいけないため仕事がなくなることはありません。常に進化し続けるITは時間勝負だったりするので、意外に仕事が多いのです。その中、今では自宅でもハイスペックのPCを簡単に手に入れる時代になったため、開発環境を整えやすくなっています。これは「自宅で仕事ができること」を意味します。しかしながら、残念なことにまだそういった流れになるのは時間がかかりそうです。
さて、本題のデリヘルの自宅待機についてです。実は、デリヘルはかなり以前より自宅待機をOKとし、以下に効率的にデリバリーをするか?などのビジネスモデルを確立していたのです。デリヘル嬢側も大きなメリットがあるため、今の求人情報をみると多くが「自宅待機OK」としています。ということで、この自宅待機について求人情報として注目したい理由などを以下に記載していきたいと思います。

◆とにかく通勤がないから楽
通勤がないというのは本当に楽なものです。派遣先にもデリヘルドライバーの男性スタッフが送迎してくれるため本当に身を任すだけという状態です。これは大都市だけでなく、たとえば熊本 風俗求人 いちごナビの募集を見ても分かるように地方でも同じで、時間を無駄に過ごすことがないので、いろいろな意味でかなりの効率性を生みます。ただし、あまりにも辺鄙なところでの自宅待機は基本的にNGということは頭に入れておきましょう。
あくまで、お店側もメリットがある場合に自宅待機がOKされるわけであり、場所によっては待機所まで通勤をしてくれるほうが利益が上がることになります。このような場合は基本NGというわけです。

◆24時間体制も可能のため稼げる
自宅待機している間はいつでも呼び出し可能としておけば、お客さんの指名などが入った時点で派遣する形になりお店が24時間営業のであれば、デリヘル嬢も24時間勤務が可能となります。寝ているときや、何かに集中しているときに呼び出しがあったりというデメリットがあるため、一概にもメリットだけとは言えませんが、とにかく短期で稼ぎたいときには非常にありがたいシステムになります。

◆ただしプライベートと仕事が混同してしまう
自宅待機の最大のデメリットがプライベートの時間と仕事の時間がごちゃ混ぜになってしまいONとOFFの切り替えがかなり鈍くなってしまうことがあります。これが精神的な疲れに繋がり、結局心身ともにボロボロになってしまう可能性を否定できません。自分を身を守るためには、ある程度「期間」を決めて自宅待機することをお勧めします。

 

デリヘルで働く場合に知っておきたい「知人対策」について

風俗業界で働くことを秘密にしている女性は多いかと思います。これはいたし方がないことだと思います。もちろん風俗業界もこのことを重々承知しているため、お店をあげて知人対策などをはじめ「働いていることを秘密にしてくれます。」たとえば、店舗型のファッションヘルスであれば、サービス開始前にカメラなどで撮影されたものをモニタチェックをして「知人か?」を確認することができます。さて、無店舗型のデリバリーヘルスの場合はどのような対策をしているのか?について、ここで説明していきたいと思います。結論から言ってしまえば、絶対にバレたくない、知人にはサービスを提供したくないという方はデリヘルはやめておいた方がよいかと思います
。大きなメリットが多いデリヘル業ではありますが、このような大きなデメリットも含まれていることを求人を探している段階で理解しておきたいところです。もし知人にあたってしまったときの「気まずさ」は言うまでもありません。ともあれ、この知人対策について触れていきたいと思います。

◆実質、不可能な知人対策
昨今のデリバリーヘルスの形態は「ラブホテル」への派遣が多くあります。「ホテル込みプラン」というような料金システムを選ぶお客さんが多いため、実際のところドアを開けて初めて「知人か?」の判断となります。
したがって、いつでも知人に当たる可能性があるということは頭に入れておきたいところです。もちろん、デリヘル店側も相応の努力をしますが、それも限界があるというわけです。

◆顧客管理で分かる人もいるけど
デリヘル店の良店と呼ばれるようなところは顧客管理をしっかりと行っています。ここからある程度はお客さんの情報を得ることができますが、そのお客さんが「知人なのか?」までの判断は難しいところです。要は個人情報などを扱っているわけではなく「過去に利用履歴がある電話番号か?」などの情報に過ぎません。ただし、自宅派遣であればある程度は情報を得ることもでき、デリヘル嬢側も自宅の場所より「危ないかも」という判断はすることができます。
言ってしまえば、知人対策はこれだけということになります。

◆特にラブホなどはどうしようもできない
先に記載したようにラブホテルへの派遣が多くなっています。特にラブホテルは事前にチェックすることはまず不可能なのでそれこそどうしようもありません。もし知人だった場合は、お客さんと要相談なり対応することになりますが、結局のところ「後手」になってしまうことはいたし方がないところです。

Author: admings on 2013年7月25日
Category: